MENU

新着情報News

 >  新着情報  >  秋季特別展 「大元興寺展 」ご案内

2018.08.04

秋季特別展 「大元興寺展 」ご案内

元興寺創建千三百年記念

 秋季特別展『大元興寺展
 

 
【展示概要】
 平成30年(2018)は、養老2年(718)に元興寺が平城京に創建されてから1300年になります。これを記念し、元興寺・元興寺文化財研究所では慶賛行事の一環として、関連文化財を一堂に集め、元興寺の歴史を概観する展覧会を開催します。
 秋季特別展では、元興寺の創建からの歴史を総合的にとりあげます。元興寺は、養老2年(718)に飛鳥から移されて国家的寺院として建立された後、中世を通じて全体として寺勢は衰えていきます。しかし大伽藍には「ならまち」につながる都市奈良が形成され、元興寺の一部は都市寺院として活況を呈し、近世、近代へと法灯を伝えました。
 本展では、元興寺ゆかりの寺院や諸機関の協力のもと、出土遺物や彫刻、絵画、古文書などの各種資料によって、古代は国家的寺院として、そして中世以降は都市奈良の中で存立してきた元興寺の歴史を振り返ります。


 開催期間 : 平成30年9月13日(木)~11月11日(日)
 会  場 : 元興寺 法輪館 
 入 館 料  : 元興寺拝観料に含みます
 拝 観 料  : 大人      600円
        中高生     300円
        小学生     100円

 主  催 : 真言律宗元興寺 華厳宗元興寺 真言律宗小塔院
        公益財団法人元興寺文化財研究所

もどる

1300年つづく、はじまりの地。
奈良の国宝・世界文化遺産。